皆さん、たくさんのメッ

的に、まさに、チェ・ヨン将軍のモチベーションを左右しちゃいますから
ウンスの笑顔が、国や民の幸せというのは、むしろ本当にそうなのだと思います
あと御話のM2數學中で書きこめなかったのですが、ヨンはウンスをちょっとした象徴にしたかったんです

例えば、お坊さんや、シスターさん、牧神さんとか、神に仕えてそうな、神様とちょっと近そうな人って

穢してはいけないような、そして、もし悪い事をしたら罰当たりな気がしちゃいませんか?

私達と同じ普通の人間ですが、でも何となく、大切にしないといけないような感覚!?

未知なる存在の天女じゃなくて、同じ人間だけど、生き仏的な、減肥餐單ちょっと神々しい存在

みたいな、ちょっと近寄りがたい存在というか、敬わないといけないような、そんな感覚を皆に埋め込みたかった

(特異な存在ではダメなんです。あくまで、同じ人間同士だけど、徳の高そうな感じですね)

ウンスを穢したら、なんとなく罰が当たりそうな、大切にすれば、何となくみんな幸せいられそうな錯覚

りおヨンには、天女伝説を広める事、そんな気持ちを、高麗全土に広める事ができれば・・・

何て思惑があったようです

その策略のおかげで、ウンスさんを見下す人もいなくて、大切にされ皆に可愛がられるでしょうけ彩妝盒ど・・・

敬うという名目で、命知らずの男たちが、親しげに過剰接触してきて、ヨンの苦悩する姿も見てみたいです